ホーム »

クラブの規制&摘発の流れについて

これほど時代遅れな動きもないでしょう、もう呆れるしかないって感じ。
風営法かなんだか知りませんが、戦後の混乱時期に制定された法律が現在でもまかり通っているってのがおかしい話です。
今やダンスは小学生の必修科目にもなっているんですよ!!

確かに犯罪の温床になってしまっている箱などもあるのかもしれませんが、そこだけ摘発すりゃいい話じゃないですか。
ほとんどのクラブ経営者は健全な経営方針をもっていますよ。
閉鎖されちゃったら食いっぱぐれるだけだし。

法律を制定し直すってのは難しいのはわかりますけど、上の世代が若い世代を妬んでいるようにしかみえないんですよねー。
自分らの理解できないものには蓋をしておくみたいな。

そういった頭の硬い大人にはなりたくありませんね私は。

なんかお酒飲みながら音楽聞いていたら批判記事になっちゃったなー。
ネガティブなことを発言したくもないし、文字にしたくもないんですけど、アルコールが入ると愚痴っちゃうよね。
これはしかたない。

ダンスミュージックやダンサーの将来のためにも、クラブの活性化は重要だと思う。
健全な出会いの場ってイメージもつけばいいと思うんだけど、それは今の利用者層じゃちょっと難しいかなぁ。

普通のサラリーマンとかもっと気楽に出入り出来る空間になればいいと思う。
踊るのと音楽が好きならば誰でも歓迎!!みたいなね。

今の日本にはストレスを発散する場所がホントないと思うので、ダンスホールやクラブがその役目を果たして欲しい。というか果たすと思います。

朝まで踊れるクラブ取り戻せ 規制撤廃求め全国署名活動
http://www.asahi.com/national/update/0530/OSK201205290175.html